退職代行サービス

退職代行を使ってトラブルにならないの?事例や対応できる業者を紹介

雷が青く光って街に落ちている
  • 退職代行を使うと会社とトラブルにならないの?
  • トラブルが怖くて退職代行を使うのをためらってしまう…

このように、トラブルになるんじゃないかと思って、退職代行を利用するのに踏み切れなかったりしますよね。

結論を言うと「弁護士や労働組合の退職代行サービスを利用すれば、トラブルになっても対応が可能」

弁護士や労働組合以外が、労働者に代わって会社と退職にかんする交渉をすると、非弁行為(違法)にあたる可能性が高く、トラブルに発展するおそれがあります。

※本記事の内容

  • 退職代行で辞めた場合に想定されるトラブル4つ
  • 退職代行は退職時のトラブルを避けるために利用するサービス
  • トラブルを避けるための退職代行サービスの選び方
  • 退職代行サービスのよくある質問まとめ【Q&A】

退職代行を利用して、会社を辞めようとしている人は、この記事を見て退職代行によるトラブルを理解してから、利用してください。

料金はかかりますが、退職代行は利用する事によって、スムーズに退職できる心強いサービスだと言えますよ。

退職代行で辞めた場合に想定されるトラブル4つ

大雨の道路をバイクや車が通行している

①会社側が反発して交渉が必要になりトラブルに発展

冒頭で話しましたが、弁護士や労働組合じゃないと、会社と交渉ができないです

パターン3 企業が反発して交渉になるパターン

このケースでは、非弁行為となってしまうため、対応が難しい。法律上は本人の退職は可能だが、その交渉に関しても本人と直接やりとりをするということになると、代行サービスでは対応できなくなってしまう。

引用元:東洋経済オンライン・退職代行はまだまだ発展途上だ

上記のように、会社側が反発してしまうと、交渉することが必要になります。
民間の業者がやっている退職代行は、退職の意思を労働者に代わり伝えることはできますが、交渉はできないので、会社側に反発されるとトラブルに発展します。

なので、会社が「本人以外と話す気はない」などと言い出した場合は、弁護士か労働組合じゃないと、代理で交渉はできません。

②会社側の引き止めによるトラブル

もし会社があなたを「引き止めたい」と言いだした場合も、交渉しないといけません。

なので民間の退職代行業者だと、非弁行為にあたり交渉ができず、トラブルに発展してしまう可能性があります。

引き止めにあう可能性は、誰にでもあるので、会社との交渉権のある弁護士や労働組合に依頼した方がよいです。

③金銭の支払いを拒否されるトラブル

金銭の問題も、想定できるトラブルです。

  • 退職金
  • 給料
  • 残業代

このような金銭の支払いを拒否してくる、会社もあります。
泣き寝入りしたくないなら、こちらから請求しなければいけません。

この方のツイートのように、とくに退職金を相当な額をもらえる人(勤続年数が長い人とか)は、退職代行を利用するなら、弁護士に依頼したほうが無難です。

④会社の人が自宅まで来るトラブル

可能性は低いですが、ツイートの人のように家にまで押しかけてきて、トラブルになると言うことも考えられます。

あまりにひどいブラック企業だったり、上司がチンピラみたいな人なら、ツイートの人が言うように、弁護士の退職代行に依頼して対応してもらうのが良いかと。

もし自宅に押しかけかれるトラブルに発展した場合は、退職代行を頼んだ業者に連絡をするか、あまりにしつこいなら警察に対応してもらう方がよいです

退職代行は退職時のトラブルを避けるために利用するサービス

まぶしい陽射しの緑の多い公園のぼやけた景色

そもそも退職代行は辞める時のトラブルを避けるために利用するサービス

退職代行について簡単に説明すると「あなたの代わりに退職を会社に伝えてくれるサービス」のこと。

退職代行サービスを利用すると

  • 会社に退職を直接言わなくていい
  • 早ければ即日に退職
  • 業者とのLineやメールですべて完結する

このような感じで、直接会社に退職を伝えないでよいので、トラブルを避ける事ができ、簡単に退職する事ができます。

退職代行を利用する人の事情

退職代行を利用する人に多いのは

  • パワハラを受けている
  • 退職の話を聞いてもらえない
  • 退職の話を会社側が有利になるように進める

上記のような人が多いです。とくに

  • 辞める時期を会社に決められた
  • 今の仕事が片付くまで会社にいてくれ

などと言われ、辞める時期を自分で決めれないような人が多いように感じます。

法律上では、退職することは2週間前に伝えればよいとなっています。
会社に世話になったとはいえ、辞める時期は自分で決めたいですよね。

そして最近では、自分で退職を言えない人や、新卒の人など入社してすぐ辞めたい人も、退職代行の利用が増えてきています。

退職時のトラブルに関する相談件数はここ10年で2倍に

厚生労働省によれば、退職時のトラブルに関する相談件数はここ10年で2倍に増えたという。(中略)

しかし、ひどい場合には「無責任だ」「常識がない」などと、まるで退職そのものが悪であるかのように退職者が責めたてられることもある。さしずめ「慰留ハラスメント」だ。

引用元:講談社:マネー現代

上記のように退職することを告げると、退職することを犯罪かのように悪だと責められそうな人も、退職代行の利用は有効です。

ブラックな上司や同僚とトラブルになるなんて、面倒ですし精神的にもつらいです。
引き止めに対応するのが面倒な人も、退職代行を使って辞めると、精神的に楽です。

トラブルを避けるための退職代行サービスの選ぶポイント

チェックリストに青いペンで記入をしている

弁護士か労働組合から選ぶのがよいです

ここまで、読んできて理解できたとは思いますが、極力トラブルを避けたいなら労働組合か法律事務所(弁護士)に頼むのがいいです。

交渉が必要なトラブルが起こった場合は、民間の業者だと、対応できないですからね

なので、トラブルが起こって対応してもらうことを想定すると、労働組合か法律事務所(弁護士)に頼むべきです。

料金が安いという理由だけでは選ばない

民間業者や労働組合の料金は、安いですが、法律事務所(弁護士)に依頼すると料金が高いです。

法律事務所の場合は、ほとんどが5万円を超えて、金銭の交渉をして回収した額の数%を支払います。

ですが、法律事務所の強いところは、万が一裁判になっても代行できます。

労働組合の場合は、交渉はできても裁判の代理は当然できません。

なので料金ではなく、会社とどんなトラブルになるかを想定して、利用する業者を選んだ方がいいです。

退職実績や運営している会社を重視する

弁護士の場合は、どんな法律のトラブルでも対応できます。

ですが、弁護士以外は退職実績を重視した方がいいです

過去に退職代行の数をこなしていると、いろんなトラブルにも対応してきているでしょうから、心強いです。

会社と交渉ができる退職代行サービス

会議が終わり握手をしているスーツのビジネスマン

この3社は、会社と交渉ができる退職代行サービスで、トラブルにも強いです。

退職代行SARABA:退職代行実績15000人以上の人気の業者

運営労働組合
料金(税込)25,000円
オプション費用一切なし
対応エリア全国
対応時間24時間
(LINE / メール / 電話)

退職代行SARABA 」は、労働組合が運営しています。料金が27,000円と、他の退職代行サービスくらべて安いです。

労働組合が運営しているので、会社との交渉をしても非弁行為(違法な違反)には当たらず、有給消化や金銭の交渉をおこなえます

24時間・365日スタッフが待機しているので、いつでも対応してもらえるのも特徴です。

法律が絡むような想定されるトラブルがなく、さっさと会社を辞めたい人は、SARABAを利用しておけば間違いないです。

過去の退職代行の実績も15,000件以上と、業界でもトップクラスの実績です。

【退職代行SARABAの詳細はこちら】

退職代行SARABAの利用者の声について知りたい方は、下記の記事からどうぞ。
≫退職代行SARABAの口コミは評判通りなの?利用者の本音を抜粋

弁護士法人みやび:金銭請求やトラブルの対応は弁護士が安心

運営法律事務所
料金(税込)55,000円
オプション費用金銭請求して回収した額の20%
対応エリア全国
対応時間AM10:00〜PM9:00
(LINE相談は24時間)

弁護士法人みやび」は、法律事務所が運営しています。弁護士がサポートしてくれるので、法律の問題の相談もできて心強いです。

金銭の請求をすると、回収した額の20%が費用としてかかりますが、金銭にかかわることは、やはり弁護士にしてもらったほうがいいでしょう。

有給消化の交渉程度なら、労働組合でも問題ないかと思いますが、法律が関わりそうな部分は弁護士に交渉してもらう方が安心できます。

法律事務所(弁護士)に頼むデメリットは、対応時間が24時間ではないのと料金が高めなところです。

会社と法律面でのトラブルになっても、対応してもらえるので、安心して依頼したい人は法律事務所に頼むべきです。

【公式】弁護士法人みやびの詳細はこちら

退職代行ニチロー:労働調査を行っている業者

運営労働組合
料金(税込)25,000円
オプション費用一切なし
対応エリア全国
対応時間24時間
(LINE / メール / 電話)

退職代行ニチロー」は、日本労働調査組合という労働組合の団体が運営している退職代行サービスで、2021年4月に立ち上がりました。

名前通りに労働調査を行っており、退職のトラブルに詳しく、退職のことに悩んでいる人は、相談すると話を理解してもらいやすいです。

料金も25,000と、SARABAと同じで退職代行サービスとしては安いです。
「退職のことで悩んでいる…」という人は、まず相談してみてください。

【退職代行ニチローの詳細はこちら】

退職代行サービスのよくある質問まとめ【Q&A】

退職代行を利用すると本当に辞めれるの?
はい、辞めれます。ほとんどの場合トラブルなくあっさり辞めれて、利用者は「もっと早く利用すれば良かった」と言う人が多いです。

退職代行業者に何を聞かれるの?
あなたの情報・勤めている会社の情報・現在の勤務状況などを聞かれます。利用する事を決めて、支払いを済ませると実行する日など、さらに詳細をつめていきます。

本人(自分)がすることは?
退職届・会社からの借り物・保険証を郵送で送ります。退職届の書き方も、テンプレートがあるので簡単です。

離職票など必要な書類はもらえるの?
離職票・年金手帳・雇用保険被保険者証などは、退職代行業者から会社に郵送で送るように伝えてくれます。

退職のことでトラブルになるような会社は早く辞めるべき

晴天の青空と緑の木に海辺の綺麗な景色

退職代行を利用しないと、辞めれない人は多いのが現実。
ブラック企業やパワハラは、現在でもまだまだいっぱい存在します。

労働者の弱みにつけ込み

  • 退職の話を先延ばしにする
  • 退職の話を聞かない
  • 退職の話をされると責める

といった上司や管理職は、いっぱいいます。
実際にぼくも、退職の話をしても聞かない上司にあたった経験があり、退職できないという苦しみを味わいました。

なので、同じような境遇の人には、退職代行を利用してでも早く退職できることを願います。

辞めたいと思うなら、早く辞めるに越したことはないです。

関連記事
青空の自然に囲まれた田舎の直線の道
退職代行の比較・おすすめランキング【危険性やできる事を解説】

退職代行を比較して、自分にはどの業者がおすすめなのかを知りたい方向け。 最近は、退職代行サービスの需要が高まっていて、退職代行の業者も増えています。 そこで本記事では、満足のいく退 ...

続きを見る

関連記事
車で走行中の高速道路から見た都市部のビル群
クズだと言われる退職代行を使う人が増えているワケ【ネットは批判】

「退職代行で会社を辞める人ってクズなの?」 と気になりますよね。 最近、利用者が急増している退職代行ですが「クズ」と、批判する声も多くあります。 実際にSNSでは、退職代行を利用し ...

続きを見る

-退職代行サービス

© 2021 マツモトブログ製作所