働き方 転職

おすすめの転職エージェント【活用方法からメリット・デメリットまで】

転職エージェントのアドバイザーが求職者に面談をしている

  • どこの転職エージェントがおすすめか知りたい。
  • さらに転職エージェントの活用方法も知りたい。

この記事は、このような疑問について書いています。

転職活動するにおいて、どの転職エージェントを利用するべきか迷いますよね。

こういった人に向けて本記事は

本記事の内容

  • おすすめの転職エージェント
    【総合型】
  • おすすめの転職エージェント
    【特化型】
  • 転職エージェントのおすすめの
    活用方法

といった内容になっています。

転職エージェントは無料で利用できるので、ぜひ活用して転職活動を進めていきたいです。

利用する転職エージェントは総合型の評判のいいエージェントや大手を選べば間違いないです。

さらに自分の希望や職種にあう特化型のエージェントは、話を理解してもらいやすく、より自分にあった求人を紹介してもらえます。

転職エージェントは独自の求人や非公開求人もあるので、併用して利用するとより希望の求人が見つかりやすいです。

おすすめの転職エージェント【総合型】

転職エージェントのアドバイザーが求職者に書類を書かしている

総合型のおすすめの転職エージェントは下記の通り。

それぞれのサービスを紹介していきます。

パソナキャリア

パソナキャリアは求人数が4万件以上と業界トップクラスに豊富です。

そしてオリコン顧客満足度調査の転職エージェントランキングで2019年・2020年と2年連続で「1位」を獲得。

初めての転職の方でも安心できる、親切なフォローやサポート体制が評判がいい理由にあげられます。

ただでさえ不安や心配の多い転職活動ですが、やり方や自己PRの仕方など、 丁寧にサポートしてくれますよ。

デメリットを上げるとすれば、業界最大手の「リクルートエージェント」「doda」に比べると求人の数では劣るところです。

求人数に物足りなさを感じる人は他のエージェントと併用して利用するのがいいかと思います。

特に関東・関西・東海の3エリアに強いです。

ただ支店は全国各地にあるので、地方の方でも利用しやすいです。

パソナキャリアの特徴

  • 顧客満足度調査で2年連続1位獲得
  • 利用者の年収アップ率67.1%
  • ベンチャーから大手企業まで求人の質が高い
  • 関東・関西・東海の3エリアに特に強い
  • 女性の転職にも力を入れている
  • 最大手に比べると求人の数では少し劣る

【公式ホームページ】
≻≻パソナキャリア

doda(デューダ)

dodaは求人数が約10万件と、業界で第2位の多さ。

その10万件のうち約半分は非公開求人。

転職エージェントとしてだけでなく、自分で探して応募する「転職サイト」としてのサービスも利用できます。

自分で求人を探したい方から1人で転職活動するのに不安を感じている方まで、自分のスタイルに合った利用が可能。

デメリットは、求人数は多いですが利用者もやはり多いです。

ですので人気のある求人は、応募が殺到して競争率が高くなる傾向にあるところです。

ただ求人数の多さは魅力で、ぜひ利用したいエージェントです。

店舗は全国にあり、ほとんどが主要都市部にあります。

dodaの特徴

  • 約10万件と業界2位の求人数
  • 転職エージェント・サイトの両機能あり
  • 自分にあった利用の仕方ができる
  • 利用者も多い
  • 人気求人には応募者が多い

【公式ホームページ】
≻≻dodaエージェントサービス

おすすめの転職エージェント【特化型】

道の沿って桜並木が満開に咲いている

レバテックキャリア【IT・Web】

レバテックキャリアはIT・Web業界の「エンジニア・デザイナー」に特化した転職エージェント。

さらに言うとIT・Web業界のエンジニア・デザイナーの「経験者」に特化しています。

求人数が5000件以上とIT・Webのエンジニア・特化型エージェントの中では大手のエージェント。

IT・Webの業界に精通した専任のアドバイザーに直接サポートしてもらえます。

なので専門的な内容の話をしても通じるので、エンジニアやデザイナーの方は話を進めやすいです。

レバテックキャリアのデメリットですが、

  • 関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)
  • 関西(大阪・京都・兵庫)
  • 福岡

と求人の対象地域が狭い点です。

これはそもそもIT・Web業界の会社が都市部に多くあるためです。

関東・関西・福岡で、IT・Webのエンジニアやデザイナーの経験者の方が利用するべきエージェントと言えます。

レバテックキャリアの特徴

  • IT・Webのエンジニア・デザイナーに特化
  • 経験者向けのエージェント
  • 未経験者向きのエージェントではない
  • 求人数は5000件以上と特化型では多い
  • 求人は関東・関西・福岡に集中

【公式ホームページ】
≻≻レバテックキャリア

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)【IT・Web】

TechStarsAgent(テックスターズエージェント)はIT・WEB・ゲーム業界に特化したエージェント。

在籍しているアドバイザーはみんなエンジニアの経験者です。

フリーランスなどの独立の支援も行っているので、将来は独立も視野にいれている方はそのことを伝えるのもいいと思います。

ただ求人の多くは東京に集中しています。

拠点は渋谷にあり、地方の人は電話での面談になるというのもあって、東京以外の人の利用はおススメしません。

求人数は大手に比べると少ないですが、年収の平均のアップ83万円を実現しています。

なので求人を多く見たい人は、他のエージェントとの併用がいいです。

TechStarsAgentの特徴

  • IT・WEB・ゲーム業界に特化
  • アドバイザーはエンジニア経験者
  • 独立の支援も行っている
  • 利用者は20代半ば~40代半ば
  • 求人は東京に集中している
  • 大手に比べて求人が少ない

【公式ホームページ】
≻≻【Tech Stars Agent】

DYM就職【第二新卒・既卒・ニート・フリーター向け】

DYM就職は第二新卒・既卒、フリーターやニートの方のような就業経験が少ない人や無い人向けのエージェント。

正社員として働きたいけど、どうしたらいいのかわからない人もきっちりサポートをしてもらえます。

書類選考なしで面接まで進めるところも就業経験の少ない人にとっては大きいメリットだと言えます。

公式ホームページにも書いていますが就職率は96%と、ほぼ100%に近い数字です。

デメリットはキャリアップには向かない点です。

今までのキャリアを活かしてのハイクラスでの転職には向かないです。

なのでこれからキャリアを築いていきたい人や、未経験だけど正社員で働きたいといった人向けのエージェントです。

DYM就職の特徴

  • 就業経験が無い人、少ない人向け
  • 18~35歳までの人が登録可能
  • 書類選考なしで面接まで進める
  • 全国各地に面談場所がある
  • キャリアアップには向かない

【公式ホームページ】
≻≻DYM就職

転職エージェントのおすすめの活用方法

オフィスでスーツの女性2人と男性1人が笑顔で握手を交わしている

転職エージェントと転職サイトの違い

転職
エージェント
転職
サイト
求人の
探し方
エージェントと
面談
自分で検索
非公開
求人
ありなし
企業との
やり取り
エージェントが
やり取り
自分で直接
やり取り
履歴書
書類
添削
してもらえる
自分で
考えて書く
面接の
対策
アドバイス
を受けれる
自分で考える

まず転職活動において「転職エージェント」と「転職サイト」の違いはご覧の通り。

転職エージェントは求職者と企業のやり取り代行してくれます。

応募から面接の日の調整など企業とのやり取りをエージェントが間に入ってやってくれます。

転職サイトの場合は気に入った求人があれば直接企業とのやり取りをしなければいけません。

転職エージェントは転職活動でアドバイザーに気を使うと感じるかもしれません。

ですが転職サイトは企業に直接取り合うので、求人に応募してからは転職サイトの方が気を使うことが多いです。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職サイトは公開されている求人をすべて閲覧することができます。

一方で転職エージェントは面談しながら希望や経験にマッチした求人を紹介してもらいます。

希望や条件にマッチした求人を紹介されるといった感じです。

なのでいろんな求人をいっぱい見てみたいという人には、エージェントの利用はデメリットに感じるかもしれません。

ただ転職サイトは登録した人はすべての求人を見れるという性質上、求人の競争率は高くなります。

さらに転職エージェントは非公開求人もあるので転職サイトより求人の数が多いです。

そして転職エージェントは履歴書・書類の添削や面接のアドバイスも貰えるのがメリットです。

転職サイトはすべて自分でやらないといけないので、転職に不慣れな人はツラいです。

転職エージェントのメリット・デメリット

  • 非公開求人がある
  • 転職サイトに比べて競争率が低い
  • 履歴書・書類の添削をしてもらえる
  • すべての求人は見れない
  • 面接のアドバイスを貰える面談しながら進めるので気楽ではない

転職エージェントのおすすめの活用方法

活用方法として、転職エージェントも転職サイトも、両方利用しながら転職活動するのがいいです。

転職サイトで気になった求人を見つけたら、エージェントでもその求人あるか聞きます。

その求人があれば転職エージェントで応募するのがおすすめ。

やはりエージェントと転職活動を進めるのは心強いですから。

そしてアドバイザーには本音で、正直に希望や条件を話しましょう。

転職エージェントには、転職サイトには載っていない非公開求人があるので、あなたにあった非公開求人があるかもしれません。

このような感じで転職エージェントを活用することをおすすめします。

終わりに:転職エージェントを利用する流れ

太陽に照らされてる草原の大きな緑の木

転職エージェントを利用する流れです。

  1. 転職エージェントに登録
  2. 面談・カウンセリング
  3. 求人の紹介
  4. 応募・書類選考
  5. 面接・合否判定

基本的にはこのような流れで進んでいきます。

転職エージェントは、登録したあとアドバイザーとのやり取りがあるので、転職活動が始まったと実感しやすいです。

転職サイトも利用しながら、転職エージェントで面談・カウンセリングをして自分の転職活動をすすめていく。

するときっと希望の転職先が見つかるはずです。

書類の添削やアドバイスももらい、面接の対策もしっかり聞いて転職エージェントを活用しましょう。

ぜひいい転職先を見つけて転職を成功させてください。

-働き方, 転職

© 2020 マツモトブログ製作所