ブラック企業

ブラック企業がなくならないのはなぜなのか?【3つの原因】

日没時の展望台から景色を眺めている旅行者女性の後姿

  • ブラック企業って社会問題になってるのに、なぜなくならないの?
  • ブラック企業から抜け出すにはどうするべき?

この記事ではこういった疑問について答えています。

ブラック企業は社会問題にまでなっているのに、一向になくなる気配がないですよね。

そこで本記事では

本記事の内容

  • ブラック企業がなくならないのはなぜなのか?【3つの原因】
  • なぜブラック企業で働く人がいなくならないのか?
  • ブラック企業から抜け出すにはどうするべきか?

といった内容で取り上げています。

まずブラック企業の定義として

  • 違法な労働時間
  • 残業代や賃金の未払い
  • パワハラなどのハラスメント行為

こういったことがある会社の事をブラック企業と定義します。

まず、このような法律に違反するようなブラック企業がなくならい理由の1つに

人件費を削らないと経営が成り立たない企業」の存在が原因として上げれます。

さらにそういった経営を、受け入れてしまっている労働者がいるという背景もあります。

ブラック企業がなくならないのはなぜなのか?【3つの原因】

空から見た海沿いのオフィス街の景色

①働いている人がブラック企業を訴えない

まず実際に日本では、ブラック企業で働いている人が訴えないという現実があります。

日本以外の先進国だと、残業代や賃金が支払われなかったりパワハラがあると、

労働者側がすぐに訴えて裁判になることがほとんどです。

日本だと裁判になるケースは、過労死など実際に取り返しがつかない事が起こったあとで「被害者の遺族」が訴えて裁判になります。

働いている人、働いていた本人が訴えて裁判になることがほとんどありません。

まずはこのことが、ブラック企業がなくならない原因の1つだと考えられます。

②賃金を上げたり残業代を支払うと成り立たない経営

ブラック企業というのは実質的に事業に失敗しています。

あきらかに経営が成り立っていない企業が苦肉の策として、ブラック企業化しています。

失敗している事業をなんとか成り立たせようとする経営者が

  • 低賃金
  • 残業代を支払わない
  • 過酷な長時間労働
  • 労基法を守らない

こういった経営で会社をなんとか成り立たせようとします。

先ほど言ったように労働者は訴えません。

なので、いつまで立ってもこのようなブラック企業はなくならないです。

③労働者がブラック企業を辞めない

そもそもブラック企業から労働者がいなくなれば、ブラック企業はなくなるんですよね。

ブラック企業は離職率は高いですが、辞めないで働き続ける人も多いです。

働き続ける人は、なぜこんな悪い労働条件でも辞めないのか疑問ですよね。

働いている人が、会社を辞めて転職することを難しく考えてしまうのが原因の一つでもあります。

なぜブラック企業で働く人がいなくならないのか?

テーブルに向かい合わせで会議をしているスーツ姿の男性二人と電話をしている女性

①転職することを難しく考えている

ブラック企業で働く人がいなくならない原因の1つとして、

転職することを難しく考える」という人が多いことがあげられます。

転職すると、給料が今より下がってしまい労働条件が悪くなると思っている人が多いですね。

年齢によっては、今より良い労働条件の会社に転職するのは簡単ではないです。

ですがブラック企業に勤めているなら、今より良い労働条件の会社に転職するというのは、そんなに難しい話ではないです。

  • 賃金
  • 年間休日
  • 労働時間
  • 残業代の支給

このような事は、労働基準法を守っているような会社に転職するだけである程度は改善されます。

ブラック企業に勤め続ける人には、転職という選択肢がない人も多いです。

②年齢を重ねると転職するのが厳しい現実

30代半ばを超えてくると、求人が減るといった現実があります。

特別な資格やスキルがある人は、何歳になっても転職先を見つけるのはそんなに難しくないです。

ですが、一つの会社で国家資格や特別なスキルを必要としない仕事を続けてきた人は、

30代後半から40代になってくると、応募できる求人が減り、転職先を見つけるのが難しくなってきます。

このような背景からブラック企業を辞めれなくなってしまっている人は多いと思います。

③終身雇用を信じて定年まで勤め続けようとする

1つの会社で定年まで勤め続けたほうが良いという価値観が今でもあります。

これはおそらく「終身雇用」の名残からきています。

実際には終身雇用というのは、崩壊してきているのですが、

その価値観を信じて勤め続けるのが正しいと思いブラック企業だろうと辞めません。

終身雇用を全否定はしませんが、定年を迎えるまで勤めている会社が、リストラを行わず存続している保証はないです。

それでも、1つの会社に勤め続け、ブラック企業でも勤め続ける人がいるというのが現実です。

このようなことから、ブラック企業で働く人がいなくならないというのが現実としてあります。

ブラック企業から抜け出すためにはどうするべきか?

ビジネスセンターと歩道と並木

①転職するために動き出す

ブラック企業から抜け出したいなら、転職するために動き出すべき。

転職先が見つかるか不安な人は、まずは勤めながら転職活動をすすめるのがいいですね。

  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • ハローワーク

まずは、このような求人を見たり紹介しているところに登録してみて、実際に話を聞いたり求人を見てみるべきですね

転職活動をするのが不安でサポートやアドバイスを人は転職エージェントで、

自分でマイペースに探したいなら転職サイトかハローワークで探しましょう。

もし、転職エージェントの利用を検討しているなら、下記の記事を参考にしてみてください。

>>おすすめの転職エージェント【活用方法からメリット・デメリットまで】

②スキル・資格を取得する

ブラック企業から抜け出すために、勉強して資格を取ったりスキルを身につけるというのもいいですね。

転職する目的はもちろん、副業をするためのスキルを身につけるのもおすすめ。

副業で稼げるようになれば選択肢は増えますしね。

  • 正社員+副業
  • 契約社員+副業
  • 副業から独立

このように副業で稼げると、働き方の選択肢が増えます。

副収入があると、正社員や賃金の高い会社にこだわらなくてもいいという余裕がでます

転職するにしても、スキルを身につけるとアピールできますしね。

③何も考えずに辞める

個人的には、ブラック企業に限らず辞めるなら何も考えず辞めるべきだと考えています。

先のことを考ると不安になるだけで、「辞める」という行動を起こせないです。

勤めながら転職活動をできるならいいですが、

ブラック企業のように労働時間が長いと、時間もないですし転職活動する気力もわかないです。

なので転職のことは、辞めてから考える方がいいんじゃないかなと思います。

終わりに:ブラック企業は今後もなくならない

雪に覆われた山々と青い空の景色と枯れた木

ブラック企業は、今後もなくなることはないと思います。

労働条件が悪くても働き続ける人がいる限り、ブラック企業の経営が成り立ってしまうからです。

なのでブラック企業に入社してしまったり現在勤めているなら、さっさと辞めるべきだと思います。

もし「辞めさせくれない」「辞めれない」といった状況になったなら、退職代行の利用も考えましょう

退職代行サービスについて詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

>>おすすめの退職代行を徹底比較【実際に検証してみた結果は?】

仕事を辞めると考えると不安になるかもしれませんが、

今後も長時間の残業やサービス残業をすることを考えると、転職するのも検討してみるのが良いと思います。

もし仕事を辞めるのが不安な人は下記の記事もあわせて読んでみてください。

>>仕事辞めてもなんとかなる!退職後のことなんて心配しなくて大丈夫!

辞めることを押し付けはしませんが、長い人生なのでいろいろ考えて決めるのがいいですね。

-ブラック企業

© 2020 マツモトブログ製作所