退職代行

退職代行は転職に影響が出るって本当?再就職で不利だと噂の真相を解説

「退職代行で辞めると転職に影響が出たり、不利にならないのかな…」

退職代行を使って辞める事に迷いがある人は、こんな悩みがあるんじゃないですかね。

結論、退職代行で辞めても、転職で不利になったり影響がでることは、ほぼないです。

ですが、状況によっては転職で不利になる人もいてます。

この記事では、「退職代行で辞めることでの転職への影響」について説明していきますので、参考にしてください。

退職代行は転職に影響が出るって本当?再就職で不利だと噂の真相を解説

退職代行は転職に影響が出るって本当?再就職で不利だと噂の真相を解説

退職代行で辞めても再就職はできる

退職代行で再就職できない人はいない

そもそも退職代行を使った事なんて、基本的には転職活動で聞かれることもないです。

退職代行も、流行りだしてから3年くらいになりますが、退職代行が原因で再就職できないと言う人はいません。

退職代行で有名なニコイチは3万人以上、SARABAは1万5000人以上の退職を代行しています。

ですが利用者の口コミで、面接で退職代行を使った事を聞かれたなんてことはないです。

それに退職代行で辞めても「自己都合での退職」になるので、転職で不利になったりはしません。

退職代行で辞めたことが転職先にバレる可能性がかなり低い理由

基本的には、前に勤めていた会社には、退職代行を使ったことはバレません。

もし退職代行を使った辞めた会社が、あなたの情報を漏らすと、個人情報保護法に違反するからです。

第二十三条 個人情報取扱事業者は、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。

引用元:個人情報保護法23条

前の会社が、あなたの個人データを第三者に提供するなら、あなたが同意する必要があります。

なので、会社間で情報を共有することはないので、
退職代行で辞めたことがバレる可能性はかなり低く、転職に不利になることはないです。

転職先の面接で万が一退職代行について聞かれた時の対処法

退職代行について面接で聞かれたら正直に「退職代行を使いました」と答えた方が無難だと思います。

使っていないとウソを言って、後々バレるほうが面倒くさいですからね。

使った理由を聞かれたら、とりあえず以下のように無難に答えておきましょう。

  • 引き止めがひどくて使わざるを得なかった
  • ひどいブラック企業だった

などの理由を、事前に聞かれることを想定して、考えておくのがよいです。

退職代行を使うと転職に影響が出る可能性はゼロではない

退職代行を使うと転職に影響が出る可能性はゼロではない

  • 狭い業界へ再就職したい人は不利になることもある
  • 地方の人口の少ない地域で再就職したい人も不利になる可能性あり
  • 退職代行で使ったことがバレたら転職活動で不利

上記の人が退職代行を使うと、人づてに話が伝わってしまい、転職活動で影響が出る可能性があります。

やはり退職代行を使ったとバレてしまうと、印象はよくはないですからね。

狭い業界へ再就職したい人は不利になることもある

再就職はできますが、上記のツイートの人のように狭い業界だと、退職代行を使ったことが転職活動で不利になるケースもあります。

同じ業界での個人での付き合いがあるので、「うちの会社で退職代行を使ったヤツがいる」とか、話題にされることもあるからです。

なので退職代行で辞める人で、狭い業界での再就職を考えているなら、少し離れた地域で仕事を探すのがよいかもしれません。

地方の人口の少ない地域で再就職したい人も不利になる可能性あり

退職代行を使って辞めた会社と、同じ地域で再就職を考えている方は、その地域が人口の少ない地方だと、転職に影響が出る可能性は考えられます。

とくに田舎だと、会社が違っても人同士が繋がっていて、バレてしまう可能性があるからです。

地方でも都心部なら、退職代行を使ったことがバレたり転職に影響が出ることは、ほぼないですね。

しかし田舎の方だと口が少なくて、どうしても話が人づてに伝わりやすくなります。

それに田舎だと、退職代行を使った辞める人は珍しいでしょうから、余計に噂になりそうです。

退職代行を使ったことがバレたら転職活動で不利になる

面接で聞かれてバレたとしても、人づてに退職代行を使ったことがバレても、印象はよくないです。

面接官に「仕事がイヤだったらまた退職代行を使った辞めるかもしれない」と思われるからです。

もちろん、退職代行を使ったのがバレたからと言って、100%落ちるというわけではないですが。

ただ転職活動で、応募した企業に退職代行を使ったのがバレてしまったら「開き直ればいいや」くらいの気持ちの方が楽です。

運が悪かったと思い、切り替えて転職活動をすればいいんですよ。

クズだと言われる退職代行を使う人が増えているワケ【ネットは批判】」でも書きましたが、そもそも退職代行を使うこと自体、開き直ったほうがよいですよ。

退職代行を使いたいけど転職で影響が出そうな人の対処法

退職代行を使いたいけど転職で影響が出そうな人の対処法

退職代行で辞めた会社のある地域では再就職しない

同業同士で繋がりが多い業界へ再就職したいなら、退職代行で辞めた会社とは違う地域で就職するのが対処法になります。

もしその業界の仕事に未練がないなら、他の業界で再就職すれば、解決できます。

ですが、どうしても今の仕事がいいなら、やはり地域を変えるのが良いと思います。

都心部で再就職する

田舎で働いていた人は、退職代行で辞めるなら都心部で働けば、転職活動に影響は出にくいです。

住んでいるところから都心部までが遠いなら、思い切って東京や大阪などの大都市に引っ越すのもありです。

本当に人口の少ない地域なら、やはり転職に影響が出る可能性がありますので、都心部で再就職するのが無難です。

何も考えずとりあえず転職活動する

「退職代行で辞めると転職で影響がでるかもしれない…」とビクビクする気持ちはわかります。

ですが、たとえ

  • 狭い業界で再就職のため転職活動をする
  • 田舎の狭い地域で転職活動をする

上記の事をしても、転職に影響が出るか出ないかは「運」です。

実際にどうなるかわからないことにビクビクするより、まずは今は退職代行を使ってでも今の仕事を辞めたいんですよね?

だったら、悩んだり心配するよりも、まずは辞めてしまってから考えた方がよいです。

退職代行を使っても自分で辞めることを伝えても、結局は自分が転職活動をしっかりすれば、再就職なんてできます。

なので、まずは転職の心配よりも、まずは辞めることを最優先に考えた方が良いです。

退職代行で再就職できた人の口コミ

退職代行で再就職できた人の口コミ

ホワイト企業に就職することができた

退職代行で辞表出したけど就職できた

まとめ

この記事のまとめは、以下のとおり。

  • 退職代行で辞めても基本的には転職で影響はない
  • 狭い業界や田舎での再就職なら影響が出るかもしれない
  • もし転職に影響があるなら違う地域や都心部で再就職する

退職代行を使っても、基本的には転職に影響がないと考えて問題ないです。

ほとんどないですが、退職代行を使ったとバレると、不利になると言うことだけは覚えておきましょう。

退職代行を使った後のことを心配される気持ちもわかりますが、まずは辞めてしまって、後から考えるのがよいです。

転職の心配をしたり、今の仕事の事で悩んでいる時間を、転職活動に使った方が早く転職先が決まります。

なので心配するよりも先に行動して、行動してから考えた方が良いです。

おすすめ転職エージェント3社

doda(デューダ)

店舗所在地札幌・仙台・東京・横浜・静岡・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
対象年齢全世代に利用されている
非公開求人数100,000件以上
  • 10万件以上の求人から、厳選して求人を紹介してくれる
  • リクルートに次ぐ求人数の多さと転職実績
  • 独自案件も多数あり

≫dodaの公式サイトはこちら

パソナキャリア

店舗所在地47都道府県すべてに店舗あり
対象年齢24〜49歳
求人数50,000件以上
  • オリコン顧客満足度調査転職エージェント部門3年連続第1位
  • 転職者の年収アップ率67.1%とキャリアアップしたい人二向いている
  • 書類の添削サポートが丁寧

≫パソナキャリアの公式サイトはこちら

DYM就職

店舗所在地札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡
店舗はないけど
対応している地域
埼玉・千葉・横浜・静岡・京都・兵庫・岡山・広島・熊本
対象年齢18歳~35歳
取引企業数2,500社以上
  • 既卒・第二新卒・フリーターなど経歴の浅い20代向け
  • 就職活動に不慣れでも親身になってサポートしてくれる
  • 会社別に面接対策を実施している

≫DYM就職の公式サイトはこちら

-退職代行