退職代行

当日の朝でも辞めれる退職代行サービス厳選3社【最新版】

  • 当日の朝に頼んでも辞めれる退職代行の業者を知りたい
  • すぐに辞めれる退職代行を教えてほしい

こんな人に向けて書きました。

この記事では、当日の朝に頼んでも辞めれる退職代行サービスを、厳選して3社紹介します

さらに当日の朝に頼むリスクや、その日に辞めた人の口コミも載せているの、ぜひ読み進めてください。

当日の朝でも辞めれる退職代行3社

当日の朝でも辞めれる退職代行サービス厳選3社

退職代行でその日に辞めたい人におすすめ退職代行3選

退職代行SARABA:返信が5分以内に帰ってくる

運営元労働組合
料金(税込)25,000円
対応エリア全国
対応時間24時間
(LINE/メール)
年中無休

退職代行SARABA」は、労働組合の退職代行。
労働者本人の代わりに会社と交渉をしても、非弁行為(違法な行為)には当たらず、有給消化などの交渉がおこなえます。

24時間・365日スタッフが待機しているので、いつでも対応してもらえるのも特徴。

さらに5分以内の返信を心がけているだけあって、返信も早いです。

料金を安くおさえて、さっさと会社を辞めたい人は、SARABAに依頼するのが損しないです。

過去の退職実績が15,000人以上いるので、安心感もあります。

≫退職代行SARABAの公式サイトはこちら

退職代行Jobs:やり取りがスムーズ

運営元労働組合
料金(税込)29,000円
対応エリア全国
対応時間24時間
(LINE/メール)
年中無休

退職代行Jobs」は、2019年の退職代行が流行りだしたころからあるサービスです。

Jobsも労働組合が退職の代行をおこなうので、会社との交渉ができ、引き止めなど会社が抵抗してきても対応が可能。

返信の早さはもちろん、支払いの確認も早く、すべてにおいて対応が早いです。

さらに顧問弁護士が監修していて、名前と顔を出してるので、利用する人も信頼しやすいと思います。

返金保証もついていて、当サイトでも最近お問い合わせをしてくる方が、増えている会社ですね。

≫退職代行Jobsの公式サイトはこちら

ネルサポート:この会社も返信が早いと評価が高い

運営元民間企業
料金(税込)正社員・契約社員
20,000円
アルバイト・パート
10,000円
対応エリア全国
対応時間24時間
(LINE/メール)
年中無休

ネルサポート」も、手続きが早いと利用者からの評価が高いです。

すべての退職代行サービスの中で1~2を争うコスパの良さで、社員とパートで料金が違います。

顧問弁護士がついていて、今まで5,000人以上に使われて退職成功率は100%で、返金保証がついているという安心感があります。

  • 金銭的に厳しくて少しでも費用を安くしたい
  • 費用を安くしてでも、退職代行を利用して辞めなければいけないワケがある

こんな人は、ネルサポートがおすすめになります。

≫ネルサポートの公式サイトはこちら

退職代行で当日の朝に辞める時の業者の選び方

退職代行でその日に辞める時の業者の選び方

退職代行で、依頼したその日に辞めたい人の、業者の選び方について説明していきます。

24時間営業している業者から選ぶ

これは絶対条件ですね。

当日の朝ギリギリの問い合わせはやめておいた方がよいですが、ギリギリまで考えたいですよね。

なので24時間365日、いつでも営業している業者から選ん方がよいです。

やり取りが早い業者を選ぶ

やり取りが早いのは、労働組合や民間企業などの退職代行の専門業者です。

弁護士に依頼する方が安心でしょうが、弁護士事務所はすこしやり取りが遅いです。

もし弁護士に依頼したいなら、当日ではなく少し前に、依頼した方が良いです。

なので当日辞めたいなら、やり取りの早い労働組合か民間企業の業者に頼むのがいいです。

すぐに支払いの確認をしてくれる業者を選ぶ

当日に辞めたいなら、支払いの確認もスムーズに行ってくれる業者がよいですね。

退職代行のおもな支払い方法は、以下のとおりです。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • 電子マネー

支払いの確認が早い業者は、たとえ銀行振込でも、振込用紙をスマホで撮って、LINEで送るだけでOKな業者もあります。

業者によっても、支払い確認の早さが変わってきます。

当日辞めたいなら、やり取りや支払い確認がスムーズな業者を選んだ方がよいです。

当日の朝でも辞めれる退職代行3社

退職代行を当日の朝に頼むリスクは3つあり

退職代行を当日の朝に頼むのは危険!ギリギリに頼むリスクは3つあり

退職代行で辞める当日の朝に、問い合わせをするリスクを説明していきます。

やり取りがスムーズにいかなくてその日は出勤することになる

問い合わせた後、やり取りがスムーズにいかないと、結局その日は出勤することになります。

  • 問い合わせた後、急に不安になってきた
  • 業者に相談したけど、迷いが出てきた

このように、あなたに迷いが出てしまったりしてやり取りが遅れると、その分だけ退職代行の実行が遅くなります。さらに

  • 料金の支払い
  • 退職の詳細の打ち合わせ

この2つも退職の実行前にしないといけないので、当日の朝ギリギリに問い合わせると、その日のうちに退職の実行をできない可能性もあります

退職代行の実行が遅れると会社から連絡がきたり家に来る

もし当日の朝に退職代行を依頼して、その日は会社を無断欠勤して、会社の出社時間を過ぎてから退職代行を実行することになったとします。

すると、当然あなたに連絡が来ますし、連絡を無視するとあなたの会社の人が家に来る可能性だってあります。

連絡を無視すると、あなたに何かあったのかもしれないと心配するでしょうからね。

なので、当日の朝でも、少し時間に余裕をもって頼むのが無難です。

最悪はあなたの親や家族に連絡がいく

最悪は、あなたの親や家族に連絡されるかもしれません。

退職代行を使ったことを、親に知られたくない人もいるでしょうし、家族に迷惑がかかるのもイヤですよね。

だから当日の朝に退職代行を頼むなら、遅くても出勤の1~2時間前には、業者に問い合わせするのがよいです

退職代行を使う事を悩んでいるということは、深刻な状況でギリギリまで考えたい気持ちもわかります。

ですが、退職代行は支払いや打ち合わせもあるので、ある程度は時間にゆとりを持って依頼しましょう。

退職代行でその日や翌朝に辞めた人の体験談

退職代行でその日や翌朝に辞めた人の体験談

退職代行でその日に辞めた

連絡したその日に退職できた

本当に即日で辞められる

夜10時に支払い翌日朝9時に電話してもらった

退職代行は当日に辞めれるけど余裕をもって問い合わせよう

退職代行は当日に辞めれるけど余裕をもって問い合わせよう

退職代行は、さいごの手段だと思うので、ギリギリまで使うか悩みたいところです。

ですが、リスクのところで話したように、当日の朝に頼むなら出勤の1~2時間前には、業者に問い合わせした方がよいです。

もちろん当日の朝の出勤時間ギリギリに問い合わせても、スムーズにいけば、そのまま出勤しないで辞めれます。

ただやり取りがスムーズにいかずに遅れると、出勤時間を過ぎます。

会社では、出勤時間になってもあなたが出勤していないと、当然あなたや親へ連絡してきます。

なので当日の朝に頼むなら、せめて出勤の1~2時間前には頼むのが無難です。

当日の朝でも辞めれる退職代行3社

おすすめ転職エージェント3社

doda(デューダ)

店舗所在地札幌・仙台・東京・横浜・静岡・名古屋・大阪・岡山・広島・福岡
対象年齢全世代に利用されている
非公開求人数100,000件以上
  • 10万件以上の求人から、厳選して求人を紹介してくれる
  • リクルートに次ぐ求人数の多さと転職実績
  • 独自案件も多数あり

≫dodaの公式サイトはこちら

パソナキャリア

店舗所在地47都道府県すべてに店舗あり
対象年齢24〜49歳
求人数50,000件以上
  • オリコン顧客満足度調査転職エージェント部門3年連続第1位
  • 転職者の年収アップ率67.1%とキャリアアップしたい人二向いている
  • 書類の添削サポートが丁寧

≫パソナキャリアの公式サイトはこちら

DYM就職

店舗所在地札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡
店舗はないけど
対応している地域
埼玉・千葉・横浜・静岡・京都・兵庫・岡山・広島・熊本
対象年齢18歳~35歳
取引企業数2,500社以上
  • 既卒・第二新卒・フリーターなど経歴の浅い20代向け
  • 就職活動に不慣れでも親身になってサポートしてくれる
  • 会社別に面接対策を実施している

≫DYM就職の公式サイトはこちら

-退職代行